ピアノを習う先生選び

ピアノを習うとき、どんな先生を選ぶかによってその後のピアノ人生が変わってしまいます。
ピアノに全く興味が無くなってしまうケースも多く、先生選びは慎重に進めた方が良いでしょう。
大人がピアノを習う場合には、意志表示は問題なく出来ますが、子供はそうはいきません。
先生は、お子さんとの相性を第一に考えて選ぶべきなのです。
それと、親御さんとの意思疎通が出来るかどうかです。
個人の先生に習っていても、音楽教室でピアノを習っていても同じなのですが、この方針で良いのだろうかと疑問に思うときが出てきたとき、先生としっかり話し合うことが出来なければ、良いレッスンになっていかないということです。
個人の先生は、生徒さんや親御さんの意向に従ってくれることも多いのですが、音楽教室の場合はカリキュラムが決まっているため、先生の自由が利かないことが問題です。
しかし、そこはその先生の力量の見せどころです。
教材をうまく使いつつ、生徒さんが求めるレッスンを取り入れてくれる先生もたくさんいますので、遠慮しないで相談してみると良いでしょう。
また、音楽教室の先生の中にも、音楽大学を出ている人とそうでない人がいることを知っておきましょう。
音楽教室の先生は全て音大を卒業なさった方だと思っていませんか。
実際は、音楽教室でピアノを習い、そのままテストを受け続けて音楽指導者になった人も多いのです。
自分の子供にピアノを習わせたいと考えている人の多くは、幅広い知識を期待して、音楽大学を卒業した先生を希望するようです。