若い先生にピアノを習う

ピアノを習うとき、若い先生を希望しますか、それともベテランの先生を希望しますか。
若い先生、ベテランの先生、どちらも自分とマッチすれば問題ありませんが、そうではないことが多々あります。
若い先生にピアノを習う場合、自分が年上だった時には、先生がなかなか指摘できないといったケースが考えられます。
レッスンを始める前に、ピアノの技術の指摘は迷わずして欲しいと、あらかじめ話しておいた方が良さそうです。
若い先生は、子供に人気があり、子供にピアノを習わせたいと思っているお母さんは若い人を希望することが多いと思います。
初対面で子供が抵抗なくレッスンを始められるのは、若い先生の方のことが多いからです。
幼稚園や保育園の先生のような感じなら、子供も楽しく受けられるでしょう。
しかし、若い先生は、子供の扱いが分からない人も多く、お母さんとのコミュニケーションも苦手だと考えている人もいます。
お母さんの顔色を気にしすぎて、子供に何にも言えない先生にピアノを習うことは、子供にとってはとても不幸なことです。
子供を持つお母さんだから、余計に気がついてしまうことですが、子供の目線に合わせて教えることが出来て、ある程度の厳しさを持った先生に習うことが理想です。
また、結婚や出産などで、レッスンの途中で違う先生にピアノを習わなければならなくなることも良くあることなので、長い間同じ先生でと希望する人には、あまり若い先生は向いていないのかもしれません。