音大を出ていない先生にピアノを習う

ピアノを習うとき、音大を出ている先生と、音大を出ていない先生、どちらを選びますか。
生徒がピアノでどこまでの上達を目指しているかで、その選択は変わってくると思います。
音大を卒業していなくても、ピアノの先生になれることを知っている人は少ないと思います。
音楽教室に通っている生徒さんで、グレードテストを受けて通った人は、生徒さんを教える権利が得られるのです。
ピアノを習うときには、そこまでチェックをしている人はなかなかいないと思いますが、中にはこだわりを持って選んでいる人がいるのです。
音楽大学を出ていなくても、技術的には問題ありませんし、人を教える技術についても研修を行っていますので、知識はしっかりあるのです。
ピアノを習う際に一番重要なのは、先生との相性であって、経歴ではありません。
経歴を気にするのは、将来ピアノで生計を立てたいなど、本格的に習いたいと言う人くらいで、大人になってある程度弾ければ良い位に考えている人には、そこまで意識する必要はないでしょう。
逆に、趣味程度でピアノを習いたいと思っている人に、専門的な練習をたくさんしても、ついていけなくなってしまいます。
それでは、ピアノを習う目的が違ってしまうので、音楽大学に進学を考えていなければ、先生のレッスンや人間性に注目して選んだほうが良さそうです。
音大を出ていなくても、人に教えるのがとても上手な先生はたくさんいますので、口コミ情報などを参考にして、自分にピッタリの先生にピアノを習いましょう。